北欧総合情報サイト【北欧区】hokuwalk.com - 美しく共鳴しあうグッドデザインは、ここから生まれる ―「Vitra&Artek」新オフィス・ショールーム誕生
HOME > What’s New > 2014年 > 2014年10月09日

美しく共鳴しあうグッドデザインは、ここから生まれる ―「Vitra&Artek」新オフィス・ショールーム誕生


  

9月末、都内にオープンした、世界に展開する家具ブランドのVitra(ヴィトラ)と、フィンランドが誇るArtek(アルテック)の新しい共同オフィス・ショールームにおじゃましました。

1950年にスイスで創業。デザイナーズ家具やインテリアを扱う世界有数のトップブランド「ヴィトラ」。そのヴィトラが所有し、デザイナーズ家具や椅子のコレクションの常設展や企画展が開催される「ヴィトラ・デザイン・ミュージアム」をご存知の方も多いのではないでしょうか。

ヴィトラ社の敷地は「ヴィトラ・キャンパス」と呼ばれ、建築家・安藤忠雄が手がけた建物をはじめ、各国の著名建築家による建造物が点在するという、まさに野外デザイン博物館。多くの人々が世界中から集まるモダンデザインの聖地となっています。

そのヴィトラと、フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトを含む4人の若者によって1935年に設立された「アルテック」が、昨年2013年9月に同じグループ企業となり、今年、共有のオフィス・ショールームをオープンしました。

今でも素材はフィンランドで調達、ずっと同じ工場で、80年間変わらないデザインを紹介しているという、ストイックでストーリー性のあるアルテック家具。見た目だけでなく、考え方や心意気に共感する日本人ファンも多く、日本はアルテックにとっても、とても大きな市場だそう。

ショールームには、両ブランドの定番商品とともに、新商品も展示。
普段は一般の方への開放はないものの、フィンランドデザインの魅力を伝えるトークイベントや催し物などの開催も今後検討中とのこと。

 
ヴィトラとアルテックのプロダクトが自然と溶け合うディスプレイ。
こちらは定期的に変わるそうです。

 
ウルヨ・クッカプロが手がけた「KARUSELLI LOUNGE CHAIR」(1964年)。
人間工学に基づいてデザインされた名作ラウンジチェア。


ヴィトラの遊び心あるポップさと軽快さ。
アルテックのぶれないスタイルと常に新しきものに挑んでゆく柔軟な姿勢。
お互いの「個」を理解し、尊重しあい、協調しながら良いところを伸ばしていく。

製造ラインはもちろん両ブランド別々だそうですが、デザイナー同士がどこかで影響しあい、また新しいものが生まれてゆくのではないかと。そして、この拠点から、どのようにヴィトラとアルテックが日本の住まいや暮らしに浸透していくのか。今後の展開にワクワクします。

 

隣接するオフィスにも潜入!
こちらは、ヴィトラとアルテックのスタッフの皆さんが、終業前などに、自然と集まってくるという憩いのスペース。



そしてこのピスタチオグリーンのモコモコとしたものは、一体なんだと思いますか?

なんと、布製の“壁”をこのように組み立てて、まるで個室のようなスペースを作るヴィトラのオフィス家具のひとつ。吸音性があり、静かに仕事に集中したいときや、外部に声がもれないようにしたい少人数のミーティングなどにぴったりだそうです。

この日、ヴィトラのスタッフの方がお仕事されていたのですが、中を覗かせていただきました。まるでカフェのように真ん中にテーブルがあり、対面で2~3人ずつ(計4~6人)座れるとのこと!布製の壁はファスナーで留められており、引越しや移動にもスペースをとらず便利。とてもユニークで機能的なデザインですね。


  

ショールームでは、10月から日本で発売開始されたばかりのアルテックの新作を発見。

ヴィトラの家具デザインも手がけるオランダ人デザイナー、ヘラ・ヨンゲリウス(Hella Jongerius)と、アルテックの初コラボ商品です。

画像手前にチラっと写っている、ご存知「スツール60」と、「アームチェア400」「アームチェア401」。アルテックならではの明るい色調のバーチとハニーのステイン仕上げに加え、奥行きと温もりを感じる濃い色調のウォールナットとチャコールのステイン仕上げを採用し、新しい表情を作り上げました。

また、「アームチェア401」では、手編みのような生地が、正面に2色、背面に1色。おしゃれなカラーバランスもさることながら、部屋にあたたかな雰囲気を演出します。

人の手をかんじる、ぬくもりあふれるショールーム。ヴィトラ&アルテックの新展開に期待です。


【イベント情報】
今年のデザインウィーク開催期間中に、日本初となるVitra&Artekの合同展示が開催されます!
会場となるライトボックススタジオ青山1Fでは、両ブランドのこれまでの重要な出来事を時代を追いながらギャラリーのように紹介。2Fと3Fは、両ブランドの家具が美しくスタイリングされ、アパートメントのような空間を再現した展示になる予定。

合同展「Vitra&Artek United by Design」
会期:2014年10月31日(金)~11月3日(月)
時間:11:00~20:00(最終日11月3日は18:00まで)
会場:ライトボックススタジオ青山 1・2・3F
東京都港区青山5-16-7



(2014年10月10日更新)
このページの先頭へ