北欧総合情報サイト【北欧区】hokuwalk.com - 【お出かけ】フィンランドが幸せな国である理由はサウナにあった?!日本初のサウナグッズ専門店がオープン
HOME > What’s New > 2018年 > 2018年05月30日

【お出かけ】フィンランドが幸せな国である理由はサウナにあった?!日本初のサウナグッズ専門店がオープン




緑あふれるモリパークアウトドアヴィレッジ(東京都昭島市)をご存知ですか?
Colemanやsnow peak、THE NORTH FACE、Columbiaにmont-bellなどなど、アウトドアグッズやスポーツウェアブランドのショップがぎゅっと大集合。また、直営のカフェやレストランなどでゆったりすることもできたりと、ここでしか味わえない、アウトドア好きにはたまらないスポットです。

そのモリパークアウトドアヴィレッジにある、クライミングウォール横あたりに、日本初のサウナグッズ専門店「METOS Sauna Soppi(メトスサウナソッピ)」がオープンしました。サウナ温浴事業・暖炉薪ストーブ事業・介護福祉事業を展開し、昨年70周年を迎えた株式会社メトスが運営するショップです。5月26日のオープン前日の25日に、プレオープニングセレモニーが行われました。



「Sauna Soppi」とはフィンランド語で「サウナショップ」の意味。
サウナはかつて神聖なものであり、寒い環境下で体をきれいにするためのものでしたが、現在のサウナは、フィンランド文化やライフスタイルを象徴するものになりました。毎日入るものであり、平和や静寂といった、目に見えないものを尊重する場所でもあります。一人や家族、同僚、友人と入ったりして、日ごろの疲れを癒したり、過去の思い出に浸ったりと、新たなコミュニケーションを創出する場になっています。

 
店内にあるサウナルーム。ウェーブ状のベンチは海辺のさざなみを表現。/クライミングウォール前には、トレーラーサウナ!

人の心と体をあたためたい、日本のサウナ文化の価値を高めたいという思いで誕生した「メトスサウナソッピ」には、日本初上陸のフィンランド製アイテムがずらり。店内に設置されたサウナルームは、木の質感やサウナヒーター、照明の仕様を肌で感じることができます。自然の中にいるようなサウナルームをイメージしたとか。屋外には常時3種のアウトドアサウナ(トレーラーサウナ、テントサウナ、ログサウナ)が展示されており、中に入って個室席のようにくつろぐことも。サウナやフィンランドに関連したイベントやセミナーの開催も予定しているそうです。



また、メトスサウナソッピ店内に併設されているカフェでは、コーヒーのほか、世界有数のアイスクリーム消費大国のフィンランドから日本初上陸のフィンランド産オーガニックアイスクリーム「JYMY(ユミュ)」をいただくことができます。JYMY(ユミュ)は2014年の発売以来、フィンエアーの機内食に採用され、フィンランド国内外で話題となっている人気のアイスクリームブランド。人による徹底した工程管理のもとに作られているそうです。

世界で最もきれいなフィンランドの空気・水・大地で大切に育てられた牛のミルクを使い、高品質な原料のみを使ったオーガニックアイスクリームは、サウナ後に食べたら、きっとたまらないはず!濃厚ながら、すーっと口の中に溶けてゆく、また食べたくなるアイス。(おいしいものって、後味がベタベタしていないんですよね)バニラ、ブルーベリー、ストロベリーの3種のフレーバー(サイズは75ml、120ml、500ml)を楽しむことができます。1日限定50個の販売だそうですので、お早めに!


こちらはブルーベリー。上蓋の内側にはミニスプーンが付いています。サウナ後のアイスはもちろん、暖炉にアイスも美味しいでしょうね!日本でのラインナップは現在3つの味のみですが、「リコリス味」「ミントチョコ味」「松味」(?!)「コケモモ味」「ルバーブ味」などなど、気になるフレーバーだらけ・・・!

「ユミュ」とは、フィンランドの古い言葉、擬音語だとか。今のフィンランド人には「すごい、かっこいい」響きに聞こえるそうですよ。(筆者は、美味しすぎて、口いっぱいにしながら「Yummy(おいしい)!」を言ったサウンドか何かかな?と勝手に想像していました・・・笑)





サウナグッズで気になったのは、アロマオイルやリネンたち。「オスミア」のアロマオイルは、白樺がおすすめだとか。また、リネン類は、伝統的なハンドクラフトで作られたスパ用のテキスタイルにこだわってセレクトされたものばかり。可愛くて揃えたくなっちゃいますね。その他、白樺で作られたハンドクラフト・アクセサリーや、サウナストーンなど、室内インテリアとして使えるアイテムにも注目です。


フィンランド中部湖水地方のケルンで作られているハンドクラフトブランド「Veico」。こちらはヴィヒタ(※)のキーホルダー。(※ヴィヒタ・・・白樺の葉の枝を束ねたもの。ヴィヒタで全身を叩くと、血行や代謝を促進すると言われています)

驚いたことに、サウナに特化したショップは、本場フィンランドでも見当たらないらしいですよ!(驚)
古くて新しい!サウナは、フィンランドのライフスタイルを語る上で外せない存在。「メトスサウナソッピ」は、サウナを通じて、北欧の新しいライフスタイルの発信地となりそう。


METOS Sauna Soppi(メトスサウナソッピ)
〒196-8533 東京都昭島市田中町610-4 
MORI PARK Outdoor Village(モリパーク アウトドアヴィレッジ)
平日(月~金) 11:00~20:00(水曜定休)
土・日・祝 10:00~20:00
http://saunasoppi.jp/



(2018年05月30日更新)
このページの先頭へ