HOME > What’s New > 2019年 > 2019年04月09日

【招待券プレゼント】「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」@ 東京ステーションギャラリー(4/27~)


現在、国際巡回展「アルヴァ・アアルト ‐ もうひとつの自然」(4/14迄)が開催されている東京ステーションギャラリーでは、4月27日(土)から再び、フィンランドのデザインや芸術に影響を与えた人物の作品がフィーチャーされます。名窯アラビア専属アーティストとして約50年にわたり活躍した、フィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュックの展覧会「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」がスタートします。

ルート・ブリュックは、デザイナー、タピオ・ヴィルカラの妻としても知られており、初期に見られる愛らしい陶板から、晩年の大規模なモザイク壁画まで、「陶芸」というジャンルで幅広い表現を披露し、人々を魅了してきました。今年2019年は、ブリュック没後20年にあたります。

版画の技法を応用して独自の釉薬や型の技術を開発。1951年のミラノ・トリエンナーレでグランプリを受賞。60年代からは、タイルピースを組み合わせた抽象的かつ立体的な作品へと作風を移し、市庁舎や銀行、大統領邸など、大規模なインスタレーションなども手がけています。

本展では、約200点のセラミックやテキスタイルといった、彼女の多彩な創作活動を紹介。伝統技術と手仕事によるものづくりを貫き、フィンランド独自の文化や風土から生み出されたブリュックの作品をたっぷりと堪能できる日本で初めての展覧会となります。また、ルート・ブリュックの長女で現代アーティス ト、マーリア・ヴィルカラによるインスタレーション 《心のモザイク――ルート・ブリュック、旅のかけら》の特別展示も披露されます。

これまで日本で深く紹介されることがなかったルート・ブリュック。ロマンティックで、どこかスピリチュアルな雰囲気のあるブリュックの世界は、フィンランドデザインの新しい一面を知ることができる機会となりそう。GWのお出かけに!

いつも北欧区をご愛読いただいている皆様に、4月27日(土)より、東京ステーションギャラリーにて開催される「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」に、抽選で5組10名様をご招待いたします!

応募期間は、ただいま~4月16日(火)正午までとなります。
なお、住所・氏名など記載のないものは無効となりますので、ご注意ください。


《ライオンに化けたロバ》1957年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
展覧会「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」(東京ステーションギャラリー)に、
抽選で5組10名様をご招待!
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■当選者数:抽選で5組10名様
■締め切り:2019年4月16日(火)正午まで
■当選発表:招待券の発送をもってかえさせていただきます。
■応募方法:タイトルに「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」招待券プレゼントと明記の上、下記の<必ずお読みください>に目を通していただき、必要事項を添えて下記宛にお送りください。

応募先 その①support★hokuwalk.com(★を@に変えてお送りくださいね)
または
応募先 その②Facebookアカウントをお持ちの方は、北欧区Facebookページのメッセージ機能からもご応募いただけます。

<必ずお読みください>
※北欧区会員の方は、氏名とメールアドレスのみでOKです(「北欧区会員です」と一筆いただけたら助かります)。
※北欧区会員の方の中に、住所が入っていない方がいらっしゃいます。無効となってしまうため、住所を入れて登録していただけますよう、よろしくお願いいたします。
※北欧区会員以外の方は、氏名とメールアドレス、展覧会チケットの送付先の郵便番号と住所をご記入ください。
※会員登録は強制ではありませんが、多数の応募があった場合は、北欧区会員様を優先させていただきます。
※いただいた個人情報は、今回のプレゼントにのみ使用させていただきます。
※会員登録は、メルマガ登録とは別登録ですので、お手数ですがそれぞれにご登録ください。(メルマガは「まぐまぐ」より配信)>>会員登録はこちらからどうぞ!

北欧のニュース、国内の北欧関連イベント情報など随時投稿中。Facebookページにいいね!、Twitterもフォローいただけたら嬉しいです!

Facebookページ:https://www.facebook.com/hokuwalk
Twitterアカウント:https://twitter.com/hokuwalk

当選された方は、展覧会の感想やコメント、北欧区編集部へのメッセージなども、ぜひお寄せくださいね。Twitterで@hokuwalk をつけてツイートを!Facebookからのメッセージやコメントも大歓迎!

たくさんのご応募、お待ちしております!


ルート・ブリュック|Rut Bryk
Photo: Tapio Wirkkala

ルート・ブリュック 蝶の軌跡
会期:2019年4月27日(土)~6月16日(日)
会場:東京ステーションギャラリー
開館時間:10時~18時(金曜は20時まで開館。入館は閉館の30分前まで)
休館日:4月29日、5月6日、6月10日をのぞく月曜日、5月7日(火)
観覧料:一般1,100(900)円、高校・大学生900(700)円、中学生以下無料
※( )内は前売料金(4月26日まで販売)
※20名以上の団体は、一般800円、高校・大学生600円
※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
※展示室は一部をのぞき撮影可能!

▼公式ウェブサイト
http://rutbryk.jp

<巡回先> ※国内3会場を巡回予定
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター(2019年9月7日~10月20日)
岐阜県現代陶芸美術館(2020年4月25日~7月5日)
久留米市美術館(2020年7月18日~9月6日)

《母子》1950年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531


《蝶たち》1957年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531


《都市》(部分)1958年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531


《スイスタモ》(部分)1969年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531



(2019年04月09日更新)
このページの先頭へ