北欧総合情報サイト【北欧区】hokuwalk.com - 【イベント】スウェーデン・デザインにも注目!デザイン&アートイベント「DESIGNART TOKYO」、今秋開催(10/19-28)
HOME > What’s New > 2018年 > 2018年04月02日

【イベント】スウェーデン・デザインにも注目!デザイン&アートイベント「DESIGNART TOKYO」、今秋開催(10/19-28)



(c) Nacása & Partners


先日、ヒカリエ8階にて「DESIGNART TOKYO 2018」のプレス発表会が開催されました。昨秋、初めて開催されたデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART(デザイナート)」が、今年もやってきます!

10月19日~28日の10日間、東京の街が美術館に変身!
パートナーカントリーは、外交関係樹立150周年のスウェーデン

昨年、若手気鋭デザイナーやアーティスト、世界的有名ブランドまで、計72会場、約200組が参加したデザイン&アートフェスティバルDESIGNART(デザイナート)。2020年の東京五輪に向けて盛り上げるべく、また、東京から発信していることを世界に伝えていきたいという思いから、第2回目を迎える今年は、「DESIGNART TOKYO 2018(デザイナート・トーキョー2018)」と、「TOKYO」の文字を加えました。表参道・外苑前、原宿・明治神宮前、渋谷・恵比寿、代官山・中目黒、六本木・広尾といったエリアのショップや施設、ギャラリー、貸しスペースなどで、街全体がミュージアムになるような、回遊型イベントになるとのこと。

そもそも「DESIGNART TOKYO」って一体?

「デザインやアートの垣根を超え、純粋に感動を与えるモノ・コトを発信し、共有していく活動」のこと。インテリア、プロダクト、グラフィック、ファッション、アート、音楽、建築、テクノロジー、宿泊施設、フード、スポーツなど、様々な分野に携わる人が交流し、そのつながりから新たな化学反応が生まれること、若手クリエイターやアーティストの発表の場となる機会を生み出すことを目標としたイベントです。


 
アーティスト・藤元明さんと建築家・永山祐子さん



その年を特徴づけるクリエイターとして、今年選出されたのは、アーティスト・藤元明さんと建築家・永山祐子さんの二人。ご夫婦である二人は、プレス発表会で、「オフィシャルにこうして何かを一緒にするのは初めてのこと」と話し、新境地に挑みます。10月には共同制作のインスタレーションが展示される予定。


2018年タッグを組むのはスウェーデン!

スウェーデン大使館のアダム・ベイェさんが登場!


また、外交関係樹立150周年を迎えるスウェーデンが今年のパートナーカントリーに選ばれ、スウェーデン大使館のアダム・ベイェさんが登壇。「ちょっと感性が研ぎ澄まされたり、どこか楽しくなるのがスウェーデンデザイン。その魅力をもっと伝えていけたら」と挨拶しました。ワールド北青山ビルでは、スウェーデンのデザインプロジェクト「Swedeish Design Moves Tokyo 2018」の一環として「Young Swedish Design 2018」が開催されます。若手デザイナーの作品が展示される予定。

さらに、DESIGNART TOKYOが力を入れていきたいのが若手支援。出展費無料で参加できる「UNDER-30 PROJECT」という枠が設置されました。30歳以下のデザイナー/アーティストの応募作品の中から、DESIGNART TOKYOの発起人メンバーらが5組を選定。ショップやブランド、メーカーに繋げ、作品発表の場に結びつけるといった仕組みです。

DESIGNART TOKYOでは、見るだけでなく、購入することができるイベントとしても、昨年大変好評だったよう。高価なアートや家具、プロダクトはなかなか手が出しにくいものですが、北欧などで広く普及している、月々無理のない支払いによって入手しやすくする決済方法「インテリアローン・ショッピングクレジット」があり、センプレ、アクタス、カンディハウス、リビングハウスなどを中心に、日本でも利用可能な店舗が増えているのだとか。車や家のように、デザインやアートも買い方の仕組みを変えたら、もっと長く愛せるものを手に入れることができる。DESIGNART TOKYOでは、このような購入方法を広めていきたいという思いがあります。


クライン ダイサム アーキテクツのマーク・ダイサムさん(左)とアストリッド・クラインさん(右)


その他楽しいコンテンツとしては、2003年よりクライン ダイサム アーキテクツによって考案され世界各地で開催されているプレゼンテーションイベント「PechaKucha Night」や、クロストークなどが行われるカンファレンス、DEAN & DELUCAによるオフィシャルカフェなどもあります。

昨年、第1回目にも関わらず、国内外で大きな反響を呼んだという、デザイン&アートフェスティバル「DESIGNART」。「規模としては、昨年の1.5倍になる」と話すのは、発起人の一人、青木昭夫さん。気持ちよく日々持てる良いものとの出会いを、この秋見つけに行きませんか?「DESIGNART TOKYO 2018」は、10月19日~28日の10日間開催!

DESIGNART TOKYO 2018(デザイナート・トーキョー 2018)
会期:2018年10月19日(金)~28日(日)
開催場所:表参道・外苑前、原宿・明治神宮前、渋谷・恵比寿、代官山・中目黒、六本木・広尾エリアのショップや施設、ギャラリー、貸しスペース
http://www.designart.jp/
※出展者エントリーは4月30日(月・祝)まで。詳しくは上記リンクお問合せ先までご相談ください。

▼こちらの記事もどうぞ!
当時は前衛的なデザインだった!デンマーク・ステルトン社のデザインアイコン誕生秘話

昨秋行われたデンマーク・ステルトン社の新作発表会場となったサンワカンパニー東京ショールーム。DESIGNART2017の会場にもなっており、クライン ダイサム アーキテクツとカリモクによる家具が披露されていました(写真下)。とてもポップで可愛いソファ!




(2018年04月03日更新)
このページの先頭へ