HOME > What’s New > 2018年 > 2018年04月18日

【お出かけ】ムーミンの物語の魅力を感じる「ムーミンバレーパーク」が、2019年3月16日グランドオープン決定!※情報更新



© Moomin Characters ™


2018年11月9日(金)より、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(入場料無料)と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」(入場料有料)の2つのエリアから構成される「メッツァ」の開業予定月が発表されました。「ムーミンバレーパーク」のグランドオープンは、2019年3月16日(土)に決定!

ムーミンバレーパークには、もちろん、ムーミン谷の象徴ともいえるムーミン屋敷や水浴び小屋、灯台が姿を現します。ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、ムーミン一家と仲間たちによるライブエンターテインメントやグリーティングなども。まるで物語の中に入り込んだような感覚が楽しめます。

また、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設は、原作の大きな魅力である文学性やアート性にあふれた空間に。新しい発見に出会うことができそう!

世界最大級の品揃えとなるムーミンのギフトショップも必見。ここでしか買うことのできない多くのオリジナルグッズが並ぶほか、レストランでは地元食材を使い、北欧とムーミンの世界観を表したオリジナルメニューを味わうことができるそうです。

2018年11月9日の「メッツァビレッジ」に続き、2019年3月16日にオープンする「ムーミンバレーパーク」の主な施設をご紹介!



ムーミンバレーパークロゴ © Moomin Characters ™


<ムーミンバレーパークの主な施設>
※名称はすべて仮称、画像はイメージ
 
■エントランス施設
ムーミンの物語が描かれた「本」のゲートをくぐりぬけてムーミン谷へ!パンケーキメニューを楽しめるレストランやショップが並ぶなど、すでに目移りしそうな予感。

■ムーミン屋敷
ムーミン一家やその仲間たちの存在を感じることができるよう忠実に再現されているムーミン屋敷。地下室は食糧が保管してある貯蔵庫、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、屋根裏部屋はムーミンパパの書斎になっています。

■展示施設「コケムス」(フィンランド語で“体験”の意味)
展示施設は地上3階建て。1階は世界最大級の品揃えとなるショップと、ムーミンの物語がテーマとなったメニューが楽しめるレストラン。2階はムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンを展示や映像で紹介。カフェや厳選されたムーミングッズが揃うセレクトショップ、ストーリーに基づいたモノづくりやトーベ・ヤンソンの作品にまつわる創作体験ができるワークショップなども。3階は物語の様々なシーンを巡りながら、物語の魅力をインタラクティブに体感できます。ムーミン谷の時間ごとに変わる、8m超の巨大ジオラマや、フィンランドのヘルシンキ・アート・ミュージアムからのアート作品なども展示されます。 





■海のオーケストラ号

「勇気」「挑戦」「友情」「家族の絆」がテーマとなった体感モーフィングシアターの手法を用いたアトラクション。物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗って、ムーミンたちと一緒に冒険に出発!壁面や床面だけでなく、造形物にも映像を投影し、臨場感あふれる体験が楽しめます。

■エンマの劇場

物語のエピソードの1つである、ムーミン谷が洪水に見舞われたときに流れてきた「エンマの劇場」では、ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられます。

■おさびし山
物語を体感できる「冒険と思索の山」。小説『ムーミン谷の仲間たち』より“しずかなのが好きなヘムレンさん”のストーリーをモチーフにしたアスレチックが誕生します。かつて、遊園地で働いていたヘムレンさんが、遊園地が閉園したことをきっかけに自ら遊園地をつくってしまった、というエピソードに登場するツリーハウス。子どもたちは自然のなかで元気いっぱいに遊び、大人もゆっくりとベンチに座って、森林浴を楽しめます。



おさびし山の頂上は、湖を横断飛行するジップラインのアトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」のスタート地点でもあります。



■水浴び小屋、灯台などのフォトスポット
ムーミンの世界を再現したプロップスが随所にあり、まるでムーミンたちが近くにいるかよう!写真を撮って持ち帰って思い出を共有して楽しみましょう。

■写真スタジオ「ムイック フォト」
ムーミン谷の中にある写真館。ムーミン谷の仲間たちも写真館に撮影に訪れるかも?!プロのカメラマンによる撮影サービス。



「メッツァビレッジ」(入場料無料)と「ムーミンバレーパーク」(入場料有料)の2つのエリアから構成される「メッツァ」。1年後にはすでにオープン済みですよー!みなさんは、どの施設が気になりますか?筆者は・・・展示施設はもちろん、海のオーケストラ号も気になっちゃいます!

▼2018年11月9日開業予定の「メッツァビレッジ」についてはこちらもご参考に!
北欧のライフスタイルを体験できる埼玉県飯能市の「メッツァビレッジ」が、今年11月開業決定!
▼「メッツァ」全体について
北欧とムーミンの世界が体験できる「メッツァ」、2018年秋と2019年春の2段階で開業目指す!


メッツァビレッジ(無料エリア)、2018年11月9日オープン!
ムーミンバレーパーク(有料エリア)、2019年3月16日オープン!


<「Metsa(メッツァ) 所在地・アクセス>

所在地は、埼玉県飯能市にある宮沢湖。ここを中心とした広大なエリアに、北欧やムーミンの世界を体験できる施設「Metsa」(メッツア:フィンランド語で「森」の意)を開設する。敷地面積は、25.7ヘクタール。内開発予定地は、15.8ヘクタール。計画施設面積は、約13,000㎡。ムーミンをテーマにした施設としては、日本が世界初進出となる。飯能市は都心から約50km。西部池袋線「池袋駅」から「飯能駅」まで、特急レッドアロー号で40分。

所在地:埼玉県飯能市宮沢
面積:宮沢湖(周辺土地約187,000㎡ ※東京ドーム約4個分の広さ
アクセス:(電車)西武鉄道池袋線「池袋」駅から「飯能」駅まで、特急レッドアロー号で40分
(車)圏央道「狭山日高IC」より約6km)

<2つのゾーン構成「メッツァビレッジ」「ムーミンバレーパーク」>

メッツァビレッジとムーミンバレーパークの2つのゾーンを設ける。メッツァビレッジでは、地元の人々に親しまれてきたということもあり、誰でも自由に入られるエリア。誰でも毎日のように来れる公園としての顔を持つ。ムーミンバレーパークは、音や視覚、五感に訴える演出で、来場者がトーベ・ヤンソンの世界、ムーミンの物語の世界が楽しめるエリア。屋内・屋外・体験・芸術がすべて詰まった総合的な施設になる予定。アナログとデジタルを駆使した演出や、ムーミン屋敷も建設予定。

<公式サイト・公式SNS>

メッツァ公式サイト:https://metsa-hanno.com/
メッツァ公式フェイスブック:https://www.facebook.com/metsavillage/
メッツァ公式ツイッター:https://twitter.com/Metsa_Official
メッツァビレッジ公式インスタグラム:https://www.instagram.com/metsavillage/
ムーミンバレーパーク公式インスタグラム:https://www.instagram.com/moominvalleypark/
ムーミンバレーパーク公式フェイスブック:https://www.facebook.com/moominvalleypark/



(2018年08月10日更新)
このページの先頭へ