北欧総合情報サイト【北欧区】hokuwalk.com - 【展覧会】誕生50周年のパントンチェアも!世界を巡回するVitraの展覧会が日本初上陸(5/29迄)
HOME > What’s New > 2018年 > 2018年05月04日

【展覧会】誕生50周年のパントンチェアも!世界を巡回するVitraの展覧会が日本初上陸(5/29迄)




世界を巡回中の展覧会が日本へ!家具メーカー、Vitra(ヴィトラ)の展覧会

建築やデザイン家具がお好きな方ならご存知、スイスの家具メーカー「Vitra(ヴィトラ)」。1950年創業のヴィトラは、世界各国のデザイナーと信頼関係を結び、協力しながら、家庭用家具からオフォス家具、店舗用什器にいたるまで、幅広いプロダクトを開発してきました。

ヴィトラは、単なる家具メーカーに留まらず、デザインの力で全ての人々の暮らしや働き方を豊かに、あらゆる空間の質を向上させていくという“壮大なプロジェクト”でもあります。たとえば、ヴィトラキャンパスと呼ばれる広大な敷地内にあるヴィトラデザインミュージアムで展覧会を開催したり、書籍などを出版したりと、 文化的側面も大切にしています。

ヴィトラの家具は、チャールズ&レイ・イームズ夫妻や、世界中にコレクターを持つフランスの建築家でデザイナーのジャン・プルーヴェといった著名デザイナーたちの名作で知られていますが、北欧ファンにもおなじみの、デンマークの巨匠ヴァーナー・パントンによるパントンチェアもあります。また、ヴィトラは現在、フィンランドのアルテックの家具やインテリアも扱っており、ヴィトラのポップでモダンなデザインとも好相性。

今回ヴィトラは、取り扱い店舗と共に協力して、世界を巡回する国際的なインスタレーション「The Original Comes from Vitra」を開催。協働するデザイナーのことを「Authors(著者)」と呼び、一夜で生まれるわけでなく、膨大な時間と仕事量から生み出されるプロダクトはまさしく「オリジナル=本物」。現在、世界に多くのデザインがあふれ、コピー品が出回る中、本展では、プロダクトに込められた思いやストーリーを紐解きながら、「オリジナルとはなにか」を問いかけます。



商品化に長い年月がかかった「パントンチェア」(1959/1960、1999)。継ぎ目のない一体型の椅子をプラスチックで製造することは当時の技術では不可能と言われていました。試行錯誤の日々ののち、ついにガラス強化繊維にポリエステルを塗り込んだプロトタイプを完成させます。しかし、大量生産にはほど遠く、複雑な工程と強度などに課題を抱えました。それでも常に挑戦を続け、最初の発表(1968年)から30年の時を経て、ついにポリプロピレン製による現在のパントンチェアの量産化に成功。パントン本人が亡くなった直後のことでした。展示では、ツヤ感のある強化プラスチック製とマットな質感のポリプロピレン製を比較して見ることができます。



軽量化のため91個の穴の開いた、ハンス・コレーによるスイスの国民的チェア「ランディ」(1938)や、あえて前方に9度傾く動きをつけた、イギリスのエドワード・バーバー&ジェイ・オズガビーによる「ティプトン」(2011)なども展示。



自身を建築家ではなく、建設家と呼んだフランスのジャン・プルーヴェによるチェア「シテ」(1930)と「スタンダード」(1934/1950)。ヴィトラの創始者、ウィリー・フェルバウムの息子、ロルフ・フェルバウムは、「構造に重きをおいたデザイン哲学に魅了された」と、彼の家具の製造の権利を得たときは大変喜んだといいます。

ストーリーや歴史を伝えるパネルがセットになった木製ブースを回りながら、図面やスケッチ、プロトタイプの写真からプロダクトが生まれる瞬間を感じることのできる展示になっています。会場の大きさ合わせて組み立てられ、行灯のようなやわらかな光がもれる木製ブース自体も大変美しいのでこちらもお見逃しなく。

「The Original Comes from Vitra」は、アジアではシンガポールでも開催され、日本では現時点で唯一リビングデザインセンターOZONE会場のみの開催となります。





また、会期中、同階にあるザ・コンランショップ カフェ新宿店が、ヴィトラとコラボレーションした「Vitra in THE CONRAN SHOP CAFE」に変身。ティプトンやパントンチェアといったヴィトラの名作チェアや、ミッドセンチュリーを代表するデザイナー、アレキサンダー・ジラードによるグラフィック、インテリアが楽しめます。彼のデザインによるLove Heartをモチーフにしたチェリーパイやラテアート、ベリージュースもおすすめ!

「The Original Comes from Vitra」は、5月29日まで開催中。


The Original Comes from Vitra
期間:2018年4月26日(木)~5月29日(火)
時間:10:30~19:00 水曜定休
会場:リビングデザインセンターOZONE(3F ウェルカムプラザ)
イベント詳細:https://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/501
Vitraホームページ:https://www.vitra.com/


<Vitraスタッフによるガイドツアー>
日時:2018年5月5日(土)13:00/15:00
※予約不要、リビングデザインセンターOZONE3Fウェルカムプラザ集合

<トークイベント>
日時:2018年5月19日(土)16:00~17:00
会場:ザ・コンランショップ新宿店内4階
書籍『ジャン・プルーヴェ 20世紀デザインの巨人(Pen BOOKS)』の編集者、山田泰臣氏による、ジャン・プルーヴェのデザインの魅力を語るトークイベント。※無料、予約不要


<ジャン・プルーヴェ「ザ・コンランショップオリジナル限定仕様」発売>
ジャン・プルーヴェの名作チェア「スタンダードチェア」と「EMテーブル」のザ・コンランショップオリジナル限定仕様が、6月の発売に先駆け、先行受注スタート。左に写っているのはレザー張りの「スタンダードチェア」。

▼Vitra関連記事
美しく共鳴しあうグッドデザインは、ここから生まれる ―「Vitra&Artek」新オフィス・ショールーム誕生
【特集】マーク・ゼンツナー氏来日トークイベント @ヴィトラ&アルテック オフィス・ショールーム



(2018年05月04日更新)
このページの先頭へ