HOME > What’s New > 2019年 > 2019年04月02日

【展覧会レポート】4/14迄!アルヴァ・アアルト回顧展が東京ステーションギャラリーで開催中



フィンランドの建築に大きな影響を与えた建築家アルヴァ・アアルトの回顧展「アルヴァ・アアルト ‐ もうひとつの自然」が、昨秋、神奈川県立近代美術館 葉山よりスタートし、名古屋市美術館を経て、現在、東京ステーションギャラリーにて開催されています。

本展は、ヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館の企画による国際巡回展。2014年9月、ドイツのヴァイルアムラインのヴィトラ・デザイン・ミュージアムから、スペイン、デンマーク、フィンランド、フランスを巡り、日本へ上陸。約20年ぶりとなる本格的なアアルトの回顧展となります。

同じ展示でも、会場によって全く異なる表情を見せてくれるのが巡回展の楽しいところ。東京駅丸の内駅舎のレンガ壁が特徴的な美術館、東京ステーションギャラリーに巡回するということで、おじゃましてきました。

神奈川県立近代美術館 葉山は、緑の濃い香りや波の音など、豊かな自然に囲まれたロケーション。東京ステーションギャラリーは、街のど真ん中、東京駅丸の内北口改札を出るとすぐにある都市型美術館です。東京駅の復原工事に伴い、2006年から約6年間かけて、2012年にリニューアルオープンしました。ギャラリーと聞くと、小規模なスペースでの展示かなと思いがちですが、中はしっかりと美術館規模です。

趣のある美術館のレンガ壁が心地良い
アアルトの有機的なフォルムと好相性

展示室は3階から始まります。建物の3階部分は空襲で崩れてしまったため、新しく作られていますが、3階から2階へ階段を下りていくと、徐々に古いレンガの壁が出現。できるだけ当時のままを残して復原する工事により、外壁を剥がし、中のレンガを剥き出しにした趣のある壁。重要文化財ですので、触れることはできませんが、上から下りていくときの展示室の雰囲気の変化は、この会場特有のもの。ぜひ感じてみてください。





3階は、一室まるごと再現された「パイミオのサナトリウム」が奥にあり、個人宅から公共施設まで、写真やスライド、映像などで、アアルトが手がけた建築作品を巡ることができます。





2階は、柔らかなカーブを描いた代表的な家具や照明器具、ガラス器などが展示されており、アアルトの有機的なフォルムとレンガ壁とのコラボレーションに圧倒される美しい空間。





アアルトの建築は一見シンプルなので、なぜ彼は建築家として世界から評価が高いのかと、ちょっとわかりにくい部分もあるかもしれません(実際、私もその一人でした)。アアルト建築に多大な影響を受けたという、建築家の坂茂(ばん しげる)さんが、本展の図録のインタビューで、「(アアルトの建築は)建物の建つ周囲の環境抜きでは語れない建築作品が多い」と、周囲の環境や地域性を重視した建築であることが、アアルトの魅力だと話しています。なので、実際に足を運んで見てみると、なるほどと合点がいくのだとか。

シンプルなデザインや構造に見える建物でも、周りの土地や人に対して配慮のある設計で、常に人が使いやすく、心地よく快適に過ごせる空間を意識していることがわかるといいます。アアルトは、その建築に合った家具や照明から、ドアノブやタイル、建築資材であるレンガといったディテールまで、徹底的にこだわりました。全てを調和させたデザイン、建築だからこそ、人間的で温かみがあると感じるのでしょう。

本展では、貴重なスケッチから建築模型、設計図なども披露されているのですが、戦争や政治的事情、世界恐慌などで計画が消滅して、実現しなかった建築もいくつかあることに気づきます。そのスケッチなどから、想像を膨らませたりすることも楽しい。





出口の扉を開くと、自由にアアルトの椅子に座れるコーナーや、フォトスポットも!ミュージアムショップには、本展のグッズがずらりと並んでいました。要チェックです!

東京ステーションギャラリーでの展覧会は4月14日まで。そのあとは、最終会場となる青山県立美術館を巡ります。アアルトの生涯にわたる創作活動の数々を、この規模で見られる貴重な機会となります。お見逃しなく!

回顧展「アルヴァ・アアルト – もうひとつの自然」
Alvar Aalto‐Second Nature
会期:2019年2月16日(土)~4月14日(日)
会場:東京ステーションギャラリー
開館時間:10時~18時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(4月8日は開館)
観覧料:一般1,200円、高校・大学生1,000円、中学生以下無料
※20名以上の団体は、一般800円、高校・大学生600円
※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
※東京ステーションギャラリーでの次回の展覧会は「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」(4/27~6/16)。フィンランドの展覧会が続けて開催されます。

<巡回先(予定)>
2019年4月27日~6月23日 青森県立美術館

▼関連記事
【展覧会レポート】人々の暮らしを彩る有機的なデザインの秘密を探る!アルヴァ・アアルト回顧展
日本では約20年ぶり!本格的なアアルトの回顧展「アルヴァ・アアルト ‐ もうひとつの自然」(全国4会場を巡回)
【特集】マーク・ゼンツナー氏来日トークイベント @ヴィトラ&アルテック オフィス・ショールーム(2015年5月27日掲載:(ヴィトラ・デザイン・ミュージアムで開催された回顧展について)



(2019年04月02日更新)
このページの先頭へ